一覧へ戻る



令和元年 秋季全国火災予防運動の実施について

平成18年秋の火災予防運動の実施について


  
11月9日(土)〜11月15日(金)までの7日間、全国一斉に実施されます!

   この時季は空気が乾燥して火災が発生しやすい時季になります。

   日頃から火災予防の意識を高めて火災を防ぎ、大切な命と財産を守りましょう。

 

2019年度 全国統一防火標語 「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」

 

重点目標

  1 住宅防火対策の推進

  2 乾燥時及び強風時の火災発生防止対策の推進

  3 放火火災防止対策の推進

  4 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底

  5 製品火災の発生防止に向けた取組の推進

  6 多数の者が集合する催しに対する火災予防
    指導等の徹底

 

  2019年中の火災発生状況

  件 数    75件 (前年比−29)  
  死 者     2人 (前年比−1)  
  負傷者     9人 (前年比−4)


  出火原因(ワースト3位)

  たき火        16件(21%)
  ストーブ        5件( 6%)
  こんろ         4件( 5%)

  【佐世保市消防局管内 8月末現在】

 

住宅防火いのちを守る7つのポイント

  3つの習慣

 ・寝たばこは、絶対やめる。

 ・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。  

 ・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。  

 4つの対策

 ・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

 ・寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

 ・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

 ・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。 

 

住宅用火災警報器を設置しましょう。


 「住宅用火災警報器」は火災を早期発見し、警報により知らせるものです。

 全ての家庭で設置が義務付けられています。大切な家族や財産を守るため必ず設置しましょう。

  定期的な点検を行いましょう

点検の仕方

 

  使用期限の目安は約10年。 交換期限が来たら電池だけでなく警報器ごと交換しましょう

 

 

 佐世保市消防局管内では「寝室」、「階段」等に設置義務があります。

   また、「台所」も火を扱う機会が多く、設置をおすすめしています。

    テキスト ボックス: 設置場所は・・・  ・すべての寝室  ・寝室のある階により階段  ・そのほか、住宅の形態等により設置の状況が異なります

 

 

 

火災予防運動期間中における消防訓練等について
 
 火災予防週間時期にあわせて、消防訓練や広報活動を実施します。

 


「防火教室」のご案内
 

 消防局では

 1 職員が出向いての防火講話、防火映画の上映、消火訓練

 2 火災予防に関する防火ビデオなどの貸し出し

 を行っています。町内会や自治会単位で、消防局予防課、または最寄りの消防署(所)へ

 申込下さい。

 詳細はこちらへ

 

一覧へ戻る

◆お問合せ◆

消防局 予防課
TEL:0956-23-2539
FAX:0956-23-2443
E-mail:yobou@city.sasebo.lg.jp

★Copyright (C) 2006 SASEBO CITY FIRE BUREAU. All Rights Reserved.★