一覧へ戻る



住宅用火災警報器普及啓発キャンペーンについて


ご自宅に住宅用火災警報器を設置していますか?
また、設置済みの方は機器の点検をしていますか?

佐世保市では、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられてから10年が経過しました。
まだ住宅用火災警報器を設置していないお宅はすべての寝室など、適切な場所へ設置をしてください。

また、住宅用火災警報器のほとんどは電池式でその寿命は約10年です。
古くなると電子部分やセンサーなども劣化し、火災を感知しなくなる恐れがありますので、10年経過したものは本体ごと交換をお願いします。

適切な設置場所や点検方法などはチラシを参考にしてください。

チラシはこちら!

こちらもご覧ください!

住宅用火災警報器についての動画はこちらから!


住宅用火災警報器を設置しましょう。


  「住宅用火災警報器」は火災を早期発見し、警報により知らせるものです。

  全ての家庭で設置が義務付けられています。

 設置する場所はすべての寝室や階段などです。

 大切な家族や財産を守るため必ず設置しましょう。

 

  定期的な点検を行いましょう

点検の仕方

  使用期限の目安は約10年。 交換期限が来たら電池だけでなく警報器本体を交換しましょう

 

詳細はこちらへ                 

一覧へ戻る

◆お問合せ◆

消防局 予防課
TEL:0956-23-2539
FAX:0956-23-2443
E-mail:yobou@city.sasebo.lg.jp

★Copyright (C) 2006 SASEBO CITY FIRE BUREAU. All Rights Reserved.★