一覧へ戻る



119番の上手なかけ方について

                119番の上手なかけ方について



  自分の家や隣の家が火事になったり、家族が大怪我をしてみたりと、人は身近なことにショックを受けると気が動転してしまい、119番通報をはじめ、日頃はなんでもないようなことが普通に出来なくなってしまいます。

  消防局へ119番通報を行う際には、下記の要領を参考に、慌てず落ち着いて通報することを心掛けて下さい。

  また、自宅の住所や電話番号など、必要な情報をあらかじめ紙に書いておき、いざという時に慌てないために、電話器の近くに貼っておきましょう。


火災や救助の場合(例)

消防局:119番消防です。火事ですか。救急ですか。
通報者:火事です。

消防局:場所はどこですか。
通報者:○○町の○○番地です。

消防局:近くに何か目印になるものはありますか。
通報者:○○商店の近くです。

消防局:何が燃えていますか。
通報者:家が燃えています。2階の窓から炎が出ています。

消防局:あなたのお名前と電話番号は。
通報者:私の名前は○○○○です。電話番号は○○○○です。



救急の場合(例)

消防局:119番消防です。火事ですか。救急ですか。
通報者:救急です。

消防局:場所はどこですか。
通報者:○○町の○○番地です。

消防局:近くに何か目印になるものはありますか。
通報者:○○バス停の近くです。

消防局:誰がどうしましたか。
通報者:おばあちゃんが胸が痛いといって苦しんでます。

消防局:あなたのお名前と電話番号は。
通報者:私の名前は○○○○です。電話番号は○○○○です。


※この他にも、消防隊や救急隊の活動に必要な情報を得るために「逃げ送れた人はいませんか」または「他に怪我をしている人はいませんか」という具合に質問しますので、落ち着いて答えて下さい。


一覧へ戻る

◆お問合せ◆

消防局 指令課
TEL:0956-23-5121
FAX:0956-23-6898
E-mail:sirei@city.sasebo.lg.jp
★Copyright (C) 2006 SASEBO CITY FIRE BUREAU. All Rights Reserved.★