一覧へ戻る



消火器の廃棄処分について

錆びた消火器や変形のある消火器は、火災に対しても、訓練等でも絶対に使用しないでください!

本体容器
腐食のあるものは強度上危険ですから廃棄処分してください。

(キャップ)
キズ、変形、腐食を生じているものは、速やかに廃棄処分してください。
亜鉛合金ダイカスト製の蓋で、メッキの光沢が無くなり、シワ、スジ、表面にボツボツができたもの。
メッキがはがれ、その跡に白い結晶ができたもの。
層状のはく離

層状のはく離
溶接部・その周辺の腐食

溶接部・その周辺の腐食
サビを落としても腐食の残るもの

サビを落としても腐食の残るもの
使用に耐えない変形

使用に耐えない変形
使用に耐えない鋭いキズ

使用に耐えない鋭いキズ
表面にボツボツができたもの

表面にボツボツができたもの

消火器を普通のゴミのように捨てたり、放置したりしないでください。

消火器は、非常に高い圧力で消火薬剤を噴出する仕組みになっています。したがって、錆びによる腐食や、キズ・変形のあるものは、その部分が圧力に耐えられず破損する危険があります。

ご自身がケガなどをしないよう、また他人が不用意に扱ったりすることのないように、十分にご注意ください。

不要になった消火器は事故防止のために絶対に使用せず必ずお買い求めになった販売店か専門業者※にお引き渡しください。

   ※ご自宅にある電話帳の中から"消防用設備"という項目でお探しいただき、お近くの業者へ連絡をお取りください。
   
消防局(署)では、消火器の販売や点検、処分等は行っておりません。

   ※佐世保市には、消防用設備を取扱う12の関係事業所で組織されている
   「佐世保市消防設備士会」という会も あります。

分解・廃棄の処理には、費用がかかります。

詳しくは、最寄りの消火器販売店又は消防署にておたずね下さい。

スプレータイプ(エアゾール式)消火具の廃棄について
  エアゾール式消火具は消火器ではありませんので各地域の自治体のルールに従い、スプレー缶と して処分してください。
  中身の薬剤の出し方は、製造元または販売元にお問い合わせ下さい。
  また、製造元が不明の場合は、(一社)日本エアゾール協会にご相談ください。

一覧へ戻る

◆お問合せ◆

消防局 予防課
TEL:0956-23-9256
FAX:0956-23-2443
E-mail:yobou@city.sasebo.lg.jp
★Copyright (C) 2006 SASEBO CITY FIRE BUREAU. All Rights Reserved.★