まえのページにもどる



消防Q&A

Q 1:消防車(しょうぼうしゃ)の色はなぜ赤色(あかいろ)なの?
それは法律(ほうりつ)で決まっているからです。「道路運送車両(どうろうんそうしゃりょう)の保安基準(ほあんきじゅん)」という決(き)まりで決められています。

 
では、なぜ赤色(あかいろ)にされたかという理由(りゆう)は、定(さだ)かではありませんが、初(はじ)めて外国(がいこく)から輸入(ゆにゅう)した蒸気(じょうき)ポンプや消防車(しょうぼうしゃ)が赤色(あかいろ)であったことから、わが国(くに)でも赤色としたというのが一般的(いっぱんてき)な理由(りゆう)のようです。
 
  それに、赤色は注意(ちゅうい)を引(ひ)く色であること、炎(ほのお)の赤を連想(れんそう)させ警戒心(けいかいしん)を起(お)こさせることなども理由(りゆう)のひとつよのうです。
Q 2:どうして「119」なの?
火事(かじ)や救急(きゅうきゅう)など一刻(いっこく)をあらそう電話(でんわ)のため、ダイヤル時間(じかん)が短(みじか)い番号(ばんごう)として、大正(たいしょう)15年に「112」が定(さだ)められました。しかしかけまちがいなどが多(おお)くあったため、昭和(しょうわ)2年から現在(げんざい)の「119」になりました。

 119をダイヤルすると戻(もど)る時間(じかん)が長(なが)くなるため、その間(あいだ)に心(こころ)を落(お)ち着(つ)かせることができると言われましたが、今はプッシュ電話(でんわ)なのであまり関係(かんけい)がないですね。
Q 3:119番(ばん)に電話(でんわ)すると、どこにつながるの?
佐世保市消防局(させぼししょうぼうきょく)の中にある指令課(しれいか)というところにつながります。

  皆(みな)さんから119番通報(ばんつうほう)があったら、地図検索装置(ちずけんさくそうち)という機械(きかい)で災害(さいがい)が発生(はっせい)した場所(ばしょ)を探(さが)して、災害(さいがい)の種類(しゅるい)によって消防車(しょうぼうしゃ)や救急車(きゅうきゅうしゃ)を出動(しゅつどう)させます。
4: 高(たか)いビルなどで火事が起(お)きたらどうするの?
佐世保市消防局(させぼししょうぼうきょく)には40メートルまで伸(の)びるはしご車があり、ビルやマンションの12〜13階までとどきます。それよりも高(たか)い場所(ばしょ)で火事が起(お)こったら建物(たてもの)の中(なか)に備(そな)えてある消火用(しょうかよう)の設備(せつび)などを使(つか)って火を消します。
Q 5:ホースの長(なが)さは?
1本約20メートルです。火事のとき、燃(も)えている場所(ばしょ)にホース1本で届くことはほとんど無(な)いので、そのときは何本(なんぼん)もつないで使(つか)います。
Q 6:メールで119番通報(つうほう)ができるって聞(き)いたけどホント?
はい、メールからでも119番通報(つうほう)することができます。
  佐世保市消防局(させぼししょうぼうきょく)では、耳(みみ)や言葉(ことば)が不自由(ふじゆう)な方(かた)が、自宅(じたく)や外出先(がいしゅつさき)で急(きゅう)に気分(きぶん)が悪(わる)くなったり、火事を発見(はっけん)した場合(ばあい)などに、インターネットに接続(せつぞく)した携帯電話機(けいたいでんわき)やパソコンから電子(でんし)メールを使(つか)って救急車や消防車の出動(しゅつどう)を要請(ようせい)することができるサービスを実施(じっし)しています。
  なお、このサービスは佐世保市消防局(させぼししょうぼうきょく)の管轄区域内(かんかつくいきない)に限(かぎ)られますので、この場所以外(ばしょいがい)からはメール119は利用(りよう)できません。
7:消防署(しょうぼうしょ)の見学(けんがく)はできるの?
はい、できます。消防車に乗(の)れたり、隊員(たいいん)さんの訓練(くんれん)の様子(ようす)を見れたりと消防署(しょうぼうしょ)でしかできない体験(たいけん)がたくさんできます。
  見学(けんがく)を希望(きぼう)したい場合(ばあい)は事前(じぜん)に消防署(しょうぼうしょ)に問(と)い合(あ)わせをしてください。

8:一度(いちど)に多(おお)くの場所(ばしょ)で火事が起(お)きたらどうするの?

佐世保市は、消防局(しょうぼうきょく)をもとに、3消防署(しょうぼうしょ)、13出張所(しゅっちょうしょ)、1分所(ぶんしょ)、60個の消防団(しょうぼうだん)で活動(かつどう)しています。

 火事が発生(はっせい)しても一度(いちど)に全部(ぜんぶ)の消防車(しょうぼうしゃ)が出動(しゅつどう)することはありません。ほかの場所(ばしょ)で火事が発生(はっせい)したときは、待機(たいき)している消防車(しょうぼうしゃ)と消防隊員(しょうぼうたいいん)、消防団員(しょうぼうだんいん)が出動(しゅつどう)します。それでもたりないときは、休(やす)みの消防隊員(しょうぼうたいいん)を呼出(よびだ)します。
9:女性(じょせい)の消防士(しょうぼうし)っているの?
佐世保市消防局では、女性の消防士は7名所属(しょぞく)しています。女性消防士は、消防隊員(しょうぼうたいいん)や救急隊員(きゅうきゅうたいいん)で現場(げんば)で活動(かつどう)したり、事務(じむ)のお仕事(しごと)をしたりと幅広(はばひろ)く活躍(かつやく)しています。
Q 10:火事や救急(きゅうきゅう)などの出動(しゅつどう)がないときは何をしているの?
火事や救急の出動(きゅうきゅうしゅつどう)がないときは病院(びょういん)や工場(こうじょう)、ガソリンスタンドなどに行って、火事になる危険(きけん)がないか調(しら)べたり、現場(げんば)で使(つか)う道具(どうぐ)の点検(てんけん)をしたりしています。

 またいざというとき、みんなの命(いのち)や財産(ざいさん)を守(まも)るために、日頃(ひごろ)から厳(きび)しい訓練(くんれん)をして体(からだ)を鍛(きた)えています。
Q 11:消防車や救急車は、どんなにスピードをだしてもいいの?
火事が発生(はっせい)したからといってどんなにスピードを出(だ)してもいいわけではありません。

 道路交通法(どうろこうつうほう)という法律(ほうりつ)により、緊急出動(きんきゅうしゅつどう)の場合(ばあい)は制限速度(せいげんそくど)は一般道路(いっぱんどうろ)で80キロメートル、高速道路(こうそくどうろ)では100キロメートルまでと決(き)められています。
Q 12:火事(かじ)を消(け)すのにどのくらいの水(みず)を使(つか)うの?
火事の規模(きぼ)や火事の種類(しゅるい)によって使(つか)う水の量(りょう)にちがいがありますが、多(おお)いときには、1件(けん)の火事で100トン以上(いじょう)の水を使(つか)うこともあります。
Q 13:消火栓(しょうかせん)や川(かわ)などがないときは、どうやって火を消すの?
水槽付消防(すいそうつきしょうぼう)ポンプ車は、車の内部(ないぶ)に1,500リットルの水を積(つ)んでいて、消火栓(しょうかせん)や川などがなくても水を出すことができます。

  また、水を積(つ)んでいない消防車は、遠(とお)いところにある消火栓(しょうかせん)や川などから、ホースを何本(なんぼん)もつないで水を出します。
Q 14:消防車(しょうぼうしゃ)が入(はい)れない狭(せま)いところで火事が起(お)きたらどうするの?
佐世保市には消防車の通(とお)れない狭(せま)いところはたくさんあります。そんなときは、火事の現場(げんば)に近づけるだけ近づきそこからホースを何本(なんぼん)もつないで水を送(おく)り、火を消します。

 ときには10本(ほん)以上(いじょう)つなぐこともあります。1本20メートルだから10本つなぐと200メートルになりまするね!

Q 15:出動(しゅつどう)したときに道路(どうろ)が渋滞(じゅうたい)していたらどうするの?

サイレンを鳴(な)らしたりマイクを使(つか)って道路(どうろ)の端(はし)に寄(よ)るように一般(いっぱん)の車に注意(ちゅうい)を促(うなが)すなどして道(みち)を開(あ)けてもらいます。
 
  もし消防車や救急車がサイレンを鳴(な)らして接近(せっきん)してきても道(みち)を開(あ)けてくれない一般(いっぱん)の車がいたら現場(げんば)への到着(とうちゃく)が遅(おく)れてしまい被害(ひがい)が拡大(かくだい)したり、助(たす)かる命(いのち)が助(たす)からないかもしれません。そういうことを防(ふせ)ぐためにも市民(しみん)の皆(みな)さんの協力(きょうりょく)が必要(ひつよう)なのです。

  みんなも歩道(ほどう)がない道路(どうろ)を歩(ある)いている時に消防車や救急車がサイレンを鳴(な)らして近(ちか)づいてきたら周(まわ)りの安全(あんぜん)を確認(かくにん)して消防車や救急車の通行(つうこう)の邪魔(じゃま)にならないように端(はし)の方(ほう)によけてくださいね。

まえのページにもどる

◆お問合せ◆

消防局 消防訓練所
TEL:0956-23-2538
FAX:0956-25-0086
E-mail:kunren@city.sasebo.lg.jp
★Copyright (C) 2006 SASEBO CITY FIRE BUREAU. All Rights Reserved.★